市場に入荷する商品をご紹介します

平成30年6月26日・・・

平成30年6月13日・・

平成30年5月30日・・・

平成30年5月9日・・

平成30年5月2日・・

平成30年4月25日・・・

平成30年4月18日・・

平成30年4月11日・・・

平成30年4月4日・・・

平成30年3月14日・・

平成30年3月7日

平成30年2月27日・・今日の市場の中はもう春が来たと思わせるような花苗や植木花鉢が出ていました桃や桜やハナミズキ等の花木やバラ・サイネリア・アザレア・マーガレット・オステオスペルマム等の花鉢です。でも、なんといってもアジサイが出始めことに春が来てることを感じました。

平成30年2月17日・・・第19回九州日観トレードフェアー2018春が開催されました。

花苗・花鉢・観葉・生花・用土・資材等の業者約140社が全国各地から集まって各社自慢の品の出店と予約販売をします。9時から開催されますが毎回の事ながら誰もが買いたいブースは決まっていて、開場されると一目散にそのブースに走って買い付けています。そこは間違いのないものが置かれ販売されているからです。

人が集まるブースは信頼されるものが多く、大声を出して人を呼び込まなくても人が集まってきます。

そのブースは九州日観企画班です。そこでの買い付けが終わったらその後で各ブースをゆっくりまわり品定めをしていきます。例えば同じ花苗が出ていると値段は勿論のこと大きさ・サイズで選びます。

でも1回目は立派なものが2回目になるとどう見ても違うものを入れたりするところもあります。

そんな業者のものは1回目だけ買って後は買わないといいます。

トレードフェアーは私達買受人の情報交換の場所でもあります。「何か買った?・・あ~あそこ!あそこは良いのは最初だけ!止めてたほうがいいんじゃない?」等です。

毎回ゆっくり会場を見て回るですが今年は時間がなく、毎回買い付けの九州日観企画班から浅野園芸や身元園芸や赤塚植物園とまわって・・蘭工房に寄るのを忘れて帰宅しました。

でもだんだんマンネリ化のトレードフェア・・面白くない!?・・うぅ~ん・どうする?・・

平成30年2月14日・・・朝から霜が降り車窓からの風景は道路以外は白く凍っているように見えました。

市場に着くと朝市コーナーには春の苗が沢山入荷しています。ラナンキュラス・アネモネ・リナリア・ブラキカム・オステオスペルマムなど沢山。何を買おうかと思案していると「寒過ぎるよねぇ~売れんよ!」とため息交じりでご挨拶。ほんとう・・早く暖かくなって欲しいと思います、「お客さんは来らすね?」と聞かれてイヤイヤと首を振りながら首をすくめる人。うちも同じですよ!と思わずピンク色の常緑アジサイ「春風のマーチ」の綺麗なピンクの花色と名前に惹かれ買いましたが早く暖かくなって欲しいものです。ところで帰店する頃から風が強く吹きましたが春一番だったとラジオから聞こえました。もうそろそろ暖かくなるのでしょうね!